NW機器を外したら設定は必ず消しましょう。 - ネットワーク管理者というお仕事

ネットワーク管理者というお仕事

元ネットワーク管理者のブログ。最初はネットワーク管理を中心に書いていましたが、最近はユーザ寄りのお話が多めです

Sponsored link 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ネットワークやサーバを新しい機器に置き換えた際に撤去した古いネットワーク機器やサーバ達。
廃棄するネットワーク機器やサーバの設定は当然削除すると思いますが、まだ使えると思って取っておいた機器(所謂、遊休機)の設定はそのままという事はありませんか?
もし、そうだとしたら設定は直ぐ消しましょう。

なせ、こういう事を書くかというと、以前同僚が設定が残った遊休機(サーバ)をそのままネットワークに繋いで大トラブルを起こしたから。
当人によると
「設定は消えていると思っていた。そこで、ネットワークに繋いで設定を変更しようとした」
とのこと。
設定も確認しないでネットワークに繋ぐこと自体やってはならないミスですので「設定が消えていると思った」というのは言い訳にはなりませんが、人間というのは結構こういう簡単なミスを犯すものです。

ちなみに、この時はサーバーの止め方も悪かったらしく、
 とある処理の途中でサーバを停止→再び繋いだ際に処理が再開→トラブル発生
という結果だったようです。これはこれで、やってはいけないミスですね(実際、その時の処理が完了していないことが分かりこれも問題になった)。

経験はしていませんが、ネットワーク機器でも同じようなトラブルは考えられます。
例えば、昔のルーティング設定やVTPの設定が残っている機器を新しいネットワークに繋いだら・・・・
 (((;゚д゚)))ガグガクブルブル
大トラブルになる可能性が高いでしょう。
このミスの性質が悪い点が、残っている設定は繋いだネットワークで以前実際に使っていた設定であり、現状のネットワーク設定と被る可能性が大きいという点。その為、トラブルになりやすいのです。

という訳で、ネットワーク機器やサーバを撤去した段階で設定はきちんと削除しておく事をお勧めします。
料理は後始末が終わるまでが料理です。|゚д゚`)。oO(意味不明)

また、チームで仕事をするならチーム内できちんと徹底しておきましょう。
誰が遊休機を使うか分かりませんしね。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://netstaff.blog92.fc2.com/tb.php/98-bd322d98

| ホーム |  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。