恐怖のWindows Update - ネットワーク管理者というお仕事

ネットワーク管理者というお仕事

元ネットワーク管理者のブログ。最初はネットワーク管理を中心に書いていましたが、最近はユーザ寄りのお話が多めです

Sponsored link 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先日、Windows Updateに新たなセキュリティ更新プログラム(セキュリティの穴など不具合を修正するプログラム。セキュリティパッチと呼ばれます)が公開されました。

更新がまだの方は更新しておきましょう。
ちなみに私のパソコンの場合で14個更新されました。


さてこのWindows Update、
システムの不具合やセキュリティ問題の修正を行なう重要なものなのですが、
実はネットワーク管理者やシステム管理者にとっては頭の痛い代物です。
というのも、Windows Updateを行う事で一部のアプリケーションが動かなくなる事があるからです^^;
一般の家庭で使うようなアプリケーションの場合、このような事は少ないと思いますが、
企業で使うようなアプリケーションではこのようなケースが結構あります。

特に、大幅な更新となるウィンドウズのサービスパックが公開されるとなると事は大変です。

事前にサービスパックが公開される情報は入りますので、
サービスパックを当てた場合、アプリケーションに問題が発生しないか一つ一つチェックする作業
(販売元や納入業者、保守業者への問い合わせ)が始まります。
そして問題が発生する事が分かると、今度はその対策を上記業者と打ち合わせする事になるのです。

しかし必ずしも事前に対策が出来る訳ではありません。
その場合にはサービスパックを当てないという選択も迫られるわけですが、ニムダのような例を考えるとイントラネットであってもセキュリティパッチは重要・・・

とまあ、ネットワーク管理者やシステム管理者にとってセキュリティパッチは非常に
頭の痛い問題なのです。。。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://netstaff.blog92.fc2.com/tb.php/9-e498f695

| ホーム |  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。