Firefox3が日本時間で6月18日早朝に正式リリースされるらしい - ネットワーク管理者というお仕事

ネットワーク管理者というお仕事

元ネットワーク管理者のブログ。最初はネットワーク管理を中心に書いていましたが、最近はユーザ寄りのお話が多めです

Sponsored link 
Firefox3の正式版が米国時間で2008年6月17日、日本では6月18日にリリースされるとのこと。

私はFirefox3をベータ版から試用していますが、Firefox2でストレスの元だったJavaやメモリ周りの処理が改善され、かなり快適なブラウザに仕上がっていますね。Firefox2の段階でもIE7よりかなり使いやすかったので、これを使ってしまうとIE7を使う気がなくなります。個人的には大好きなブラウザですね。

とは言え、企業でFirefoxを積極的に導入するかと言うと話は別。
IE以外のブラウザの場合、業務アプリとの互換性が必ず問題となりますが、未だにその問題は解決されていません。特にActive Xをめぐる両者間の溝は未だに深いので、当分、この状況は変わらないように思われます。
と言うわけで、使いづらくてもIE7を使わざる負えないというのが現状。他にもサポート面やセキュリティ面といった課題も挙げられますが、まずは互換性の問題をどうにかして欲しいところです。

ちなみに、このブログは企業からのアクセスが多いのですが、ブラウザの比率はこんな感じになってました。

Internet Explorer71.24%
Firefox25.15%
Opera1.75%
Safari1.33%
Netscape0.14%
 (2008/4/1~2008/6/12)

雑誌やニュースサイトなどの情報を見るとFirefoxは10%~20%位のところが多いので、Firefoxは意外に善戦している、といったところでしょうか。ただ、このブログを見に来る方はこういったツールに興味を持つ方が多いはずですので、納得できる結果ではあります。
むしろ、目を引くのはIEの強さですね。
Firefox3が出てもこの状況は変わらないと見ていますが、果たして。

ブログの方へコメントいただきありがとうございました。

しかし、ますますIT業界って、金のならない木になってる気のするのはわたしだけ?

2008.06.21 14:50 URL | mikeexpo #- [ 編集 ]

今はソフトを売って儲ける時代からソフトを使ったサービスで儲ける時代へシフトしていますから、ソフト業界にとっては厳しい状況でしょうね。

ただ斜陽産業と感じてしまうのは、これまで社会がIT技術に対し抱いていた期待への裏返しかもしれません。結局のところITも現実の一部。如何に現実社会と親和していくかがこれからのIT業界の課題であり、まだそこには道が残されているのではないか?と私は考えています。まあ、これも単なる期待という側面が強いかもしませんが^^;

2008.06.21 23:23 URL | カマチ #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://netstaff.blog92.fc2.com/tb.php/84-d310ee09

| ホーム |