ご近所さんのパソコンサポート - ネットワーク管理者というお仕事

ネットワーク管理者というお仕事

元ネットワーク管理者のブログ。最初はネットワーク管理を中心に書いていましたが、最近はユーザ寄りのお話が多めです

Sponsored link 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日はご近所さんから「会社のパソコンに入れていた住所録が見れなくなったので見て欲しい」と言われ、軽い気持ちでパソコンの診断に。

が、甘かった。。。

お年寄りの方なので「どうせ操作方法でも悪いのだろう」と思っていたのですが、なんと使っていたパソコンが
懐かしのPC9801・・・orz

まあ、私も仕事で何度かいじった事がある※のですが、実際に使うのは彼是6,7年ぶり。
話を聞くと、「ちょっと前まで会社の女の子に管理を任せていたが、その娘が辞めてしまい今では誰も使えなくなってしまった」という、実によくあるパターンでした。 

それはさておき、まずは繋がっていた外部HDDとPCの電源を「ポチっとな」。
システムが起動しなかったら大変な作業になるな~と内心思っていたのですが、起動は全く問題なし。システムも動作には問題が無いようでした。ただ今回厄介だったのが、起動してきたのが単なる住所録のシステムではなく、名前も知らない業者が作った売上管理システムだったことです。

とりあえず、メニュー名で大まかな機能は分かるものの、探しても探してもご主人から要望されている住所のラベル(宛名)印刷のメニューが見つからない。マニュアルを読んでも、そのマニュアルが単なる各画面の仕様書みたいな作りで非常に分かり難い(恐らく設計段階で作った仕様書をそのまま貼り付けたものと推測)。
仕方なくマニュアルで各画面を最初から一個一個チェックしていったのですが、見つかった場所がなんと”検索メニュー”の中と来たもんだ。しかも、検索結果からしかラベル印刷が出来ない。つまり、「一覧からこの人とこの人を印刷」といった印刷対象の絞込みは出来なくて、検索条件で印刷する相手を絞り込むしかありませんでした。。orz
恐らく、「過去に購入した品や購入金額で案内を出す顧客を絞り込み、効果的なマーケティングを!」といった意図でこのような仕様になっているのだと重いますが、世の中そう単純じゃない。人の顔が見える商売をしている方にはむしろ名前の方が重要だったりするんですよね。
今回もそのケース。ご主人は名前を見て案内を出す人を決めたいのです。

さて、ここで困りました。ご主人の希望をかなえる為には、一件一件画面上でデータを見て印刷するか、全部印刷するしかありません。しかし、前者だと私が全部付き添ってやらなければならないわけで、一方後者だとラベル紙が足りなかったりと、困った状況です。ちなみに、登録件数は1500件以上・・・・ヾ(T∇T)ノ彡ハハハ 
とりあえず今日は遅くなったのでここでタイムオーバとしましたが、明日の夜また伺う予定です。一応、明日はデータだけをWindowsPCに移行できないかも見てみる予定ですが、どうなることやら。。
ちなみに、これボランティア作業です(´Д⊂ヽ (今のところ)


※現行のシステムに移行できない等の理由で使い続けている場合が稀にあります。多いのは工場等の独自システム。IPXを使っていたりネットワーク管理者にとっては非常に頭の痛い存在です。
因みに、個人的には昔98ノートを持っていました。その前はMSX。。当時のパソコンの価格を考えると今の価格は驚きです。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://netstaff.blog92.fc2.com/tb.php/81-0f0c84c0

| ホーム |  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。