UPS(無停電電源装置)とは - ネットワーク管理者というお仕事

ネットワーク管理者というお仕事

元ネットワーク管理者のブログ。最初はネットワーク管理を中心に書いていましたが、最近はユーザ寄りのお話が多めです

Sponsored link 
雷の音を良く聞く季節になりました。
この季節に怖いのが突然の停電や過電流によるネットワーク機器やサーバの故障。
特に懸念されるのはサーバのHDDのクラッシュです。

その対策として有効なのがUPS(無停電電源装置)。
UPS(無停電電源装置)は、停電や電圧変動が発生した際に、内部のバッテリー等で電力を供給してくれる装置です。
停電が長時間に及ぶと電力供給は絶たれますが、サーバやネットワーク機器をシャットダウンしたり、非常用電電に切り替えたりする時間を稼ぐ事くらいは出来ますので、機器の故障を防ぐ事が出来るというわけです。
また、雷サージの機能を持っているUPSを選べば落雷による過電流対策も出来ます。

UPSといえば企業で導入するのがもっぱらでしたが、最近では家庭で導入するような小型の
ものまであります。

【送料無料】【在庫目安:あり】APC SurgeArrest 雷ガードタップ+電源バックアップ [BE325-JP]

少し昔なら「なんで家庭で・・・」という感じでしたが、最近だとHDD搭載のレコーダが主流に
なってきましたから案外必要かもしれませんね。


ついでにこれは企業で導入するようなラックマウントタイプのUPS。
いずれもUPSでメジャーなAPC製です。
(今や楽天でも買えるんですね^^;)

【ポイント5倍!6/8 09:59まで】SUA750RMJ1UB【送料無料】【在庫目安:あり】APC Smart-UPS 750R...

なお、UPSに搭載されているバッテリーには寿命がありますので定期的に交換が必要です。
定期的に交換しないとUPSを入れている意味がありませんのでご注意を!













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://netstaff.blog92.fc2.com/tb.php/30-067655c0

| ホーム |