無線LANの設定は気をつけましょう。 - ネットワーク管理者というお仕事

ネットワーク管理者というお仕事

元ネットワーク管理者のブログ。最初はネットワーク管理を中心に書いていましたが、最近はユーザ寄りのお話が多めです

Sponsored link 
今日は知り合いに頼まれ無線LANの設定をしてきました。

OSがVISTAという事で設定画面の違いに多少戸惑いましたが、案外簡単に設定完了。

ただちょっと参ったのが、周囲の無線LANアクセスポイントの数。見つかること見つかること、なんとその数7つ。見事にチャネルが重なりまくってました^^;

それと、中にはWEPの設定をしていないアクセスポイントがあって、私が行く前にはそこに自動的に繋がってる状態でした。ラッキーと思う人がいるかもしれませんが、そのアクセスポイントを管理している人が悪意を持っている人だったらどうしますか?何も知らないユーザをアクセスポイントに誘い込んで情報を盗み取る事だって出来るのです。ですから知らないアクセスポイントに繋げるのは絶対にやめましょう。


あまり話題になる事はありませんが、APフィッシングやWiフィッシングと呼ばれています。
 
詳しくはこちらを参照(日経BP)↓
  http://wcsadmin.nikkeibp.co.jp/sj2005/column/u/03/02.html


無線LANを自宅などで使っている方は、一度自分が繋げているアクセスポイントを確認してみましょう。また、Windowsの無線LANの設定に「優先でないネットワークに自動的に接続」というチェックボックスがあると思いますが、意図しないアクセスポイントにつなげない為に、このチェックボックスは”チェックしない状態”にしておく事をおすすめ致します。


以上












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://netstaff.blog92.fc2.com/tb.php/26-4801d8c2

| ホーム |