「ネットワーク管理者を目指すべき5つの理由」を読んで - ネットワーク管理者というお仕事

ネットワーク管理者というお仕事

元ネットワーク管理者のブログ。最初はネットワーク管理を中心に書いていましたが、最近はユーザ寄りのお話が多めです

Sponsored link 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
CNET Japanに「ネットワーク管理者を目指すべき5つの理由」という記事が掲載されていたのでご紹介。海外の記事なので日本の状況とはかなり差異があるとは思いますが、ネットワーク管理者に興味がある方は一度目を通してみては如何でしょうか。


 ネットワーク管理者を目指すべき5つの理由(CNET Japan)
 http://japan.cnet.com/sp/businesslife/35028147/


 原文(英語)はこちら

 Five reasons to consider a career in Network Administration(techrepublic)
 http://www.techrepublic.com/blog/career/five-reasons-to-consider-a-career-in-network-administration/4774


で、自分の経験を踏まえてちょっとした感想。

1.日々学べる

これは確かにそう。ネット系の仕事全般に言えることだと思うけど、日々学んでいかないと技術の変化に対応できない。

「現実には、違う企業ネットワークが似ていると言うことはほとんどなく、・・」というのもその通りで、利用しているシステムや地理的な条件等によりネットワーク形態は様々。急速に進化した技術だけに担当者のレベルや方針の違いによる差異も激しい。同じ会社でも事業部毎に全く違う進化をしているので、事業部のネットワークを引き継いだ際に「なんでこんなネットワークなんだ・・」と度々頭を抱えていました。
ただこれは企業の抱える課題でもあるので、基本的にはどんどん正規化されていく方向に進むと思われ。アウトソーシングという不安と闘いながら、誰でも使いやすく、且つ誰でも管理しやすいネットワークにしていくのがネットワーク管理者の腕の見せ所だと個人的には思います。

「問題解決できる分析的な思考と、詳細に分け入って行く熱意」というのもその通りかな。中身をよく知っていると障害の際の対応に大きな差が出るというのはよく実感します。ちなみに私が苦手なのは、実際の業務やシステムなどネットワーク以外の分野の詳細に飛び込んでいく熱意。ネットワーク管理者にはこれも求められます。

ただ、原文のコメント欄にもあるように大企業だと仕事が分業になりがちで経験できる範囲が偏りがちなので、中小企業の方が一からスキルを磨く分には良いかも。勿論、本人の熱意次第ではある


2.需要は高く、今後さらに高まる
3.ほぼあらゆる業界に入り込める
4.新たなキャリアの可能性を切り開ける

私の実感からすると、企業(IT系企業を除く)が欲しいのはネットワーク管理者ではなくネットワークもこなすシステム管理者。


5.自分のスキルを存分に試せる

抽象的な話なのでコメントに困るところだけど、ネットワーク管理者になる前に、現場でエンジニアとして直接的に関わって行きたいか、管理者として方針策定や体制作り、ガバナンスに力を注いで行きたいかは考えた方がいいとは思う。前者ならNEも選択肢の一つ。


この記事に関する感想は以上。私は既に一線を退いている人間なのであまりネガティブな感想にならないように注意したつもりですが、そうなっていたらごめんなさい。


ところで、SDNやOpenfllowの話題が最近増えて来ましたね。これと今後のワイヤレス通信の発達でネットワーク管理がどうなるか興味があるところです。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://netstaff.blog92.fc2.com/tb.php/238-86eedbc6

| ホーム |  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。