119番の不具合はLANケーブルの誤接続が原因らしい - ネットワーク管理者というお仕事

ネットワーク管理者というお仕事

元ネットワーク管理者のブログ。最初はネットワーク管理を中心に書いていましたが、最近はユーザ寄りのお話が多めです

Sponsored link 
一昨日、東京消防庁の119番通報が繋がり難いというニュースがありましたが、どうやらLANケーブルの誤接続が原因のだったようです。

  119番不具合 誤接続が原因(NHK)
  http://www.nhk.or.jp/news/html/20110107/t10013276621000.html


この記事を見る限り、SWのポートとポートを繋いじゃってループしたという感じですかね?で、同一SWでのループだった為にSTP(Spanning Tree Protocol)が効かなかったと推測。Storm Controlで防ぐという手もあるけど、設定していなかった、もしくは機能が無かったという所でしょうか。

ちなみにこの手のトラブルは私も何回か経験しています。こういうトラブルを防ぐ為にも、使わないポートは基本的にshutdownしておいた方が良いでしょうね。後、基幹SWには担当者以外触らせないよう鍵が掛かるところに置く。エッジの場合はループしても基幹に影響が及ばないないような構成もしくは設定にする。それと、こういう時に備えて日頃からエラーや警告ログをチェックし極力潰しておく。少なくともエラーや警告が出ている理由は把握しておく。地味な作業だけどこれは結構大事。
こんなところかな。運用や費用面は置いて考えると..












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://netstaff.blog92.fc2.com/tb.php/190-857fc1bc

| ホーム |