パソコンの故障率の調査データ - ネットワーク管理者というお仕事

ネットワーク管理者というお仕事

元ネットワーク管理者のブログ。最初はネットワーク管理を中心に書いていましたが、最近はユーザ寄りのお話が多めです

Sponsored link 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
スラッシュドットジャパンより

いささか古い情報で恐縮だが、米 SquareTrade が「ノート PC の 3 台に 1 台が 3 年以内に故障する」というレポートを昨年 11 月に公開していた (SquareTrade Warranties の記事と、その報告書(PDF))。

SquareTrade は有償で製品の修理や交換などの保証を提供する独立系の保証サービス会社。調査は同社が提供する保証プランに加入した 3 万台以上のノート PC を対象に行われたとのことで、購入後 3 年間で (メーカー側に責任があると思われる) ハードウェア故障が発生した割合が 20.4 %、事故で故障した割合が 10.6 %とのこと。また、ネットブックの故障率はそれ以外のノート PC と比べて 20 % ほど多かったという。信頼の置けるメーカーとしては ASUS と東芝が挙げられており、この 2 社製のノート PC はそれ以外のメーカー製のものと比べて故障率が 16 % ほど少なかったそうだ。ちなみに故障率がもっとも高かったのは HP で、続いて Gateway、Acer、Lenovo などが比較的故障率が高かったとのこと。


こういう情報はあまり出てこないだけに興味深いデータですね。Lenovo故障率は、同社のthinkpadシリーズに根強いファンがいる印象だけにちょっと意外です。
他にもネットブックの故障率が若干高いのが気になりますが、熱対策難しさや新製品である点などを考慮すると仕方ない感じもしますね。どんな製品であれ、形状や仕様が大きく変わった際には不良が出易いというのは経験則。マイナーチェンジを繰り返していけば次第にこなれていくでしょ。逆に言えば、上で信頼のおけるメーカーとしてあげられているメーカーであっても、フルモデルチェンジの際は要注意ですね。

こちらは、4年程前にアメリカのGartnerが発表した故障率のデータ

   Gartner Says Annual Failure Rates of PCs Are Improving, but Manufacturers Can Do Better

古いデータですが、こちらにはデスクトップの故障率も載っています(ただし、メーカー別など詳細な情報はなし)。



おまけ
頑丈なノートパソコンといえばパナソニックのタフブック。そのタフブックのテスト動画です。象に踏ませたりしてます(^_^;)

  http://www.youtube.com/watch?v=aA1s9MH0odE


メーカサイトはこちら
  http://panasonic.biz/pc/news/toughbook/index.html


私もCF-27というモデルを会社で使っていましたが、シリアルポートも付いているのでネットワークの設定作業には重宝しました。ただ、重さが難点ですね。


2012/11/19追記
Rescuecomというアメリカの修理会社もPCの故障率のデータをレポートとして公表しています。こちらは2012年のデータもあります

Reliability study(Rescuecom)

http://www.rescuecom.com/blog/index.php/category/reliability-study/













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://netstaff.blog92.fc2.com/tb.php/173-22446998

| ホーム |  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。