間違いだらけのネットワーク作り - ネットワーク管理者というお仕事

ネットワーク管理者というお仕事

元ネットワーク管理者のブログ。最初はネットワーク管理を中心に書いていましたが、最近はユーザ寄りのお話が多めです

Sponsored link 
IT Proに興味深い記事が

 「7月に通信事業者の新サービスが勢ぞろいした。これを使えば,ネットワークのコストを30~40%削減できる可能性が高い」と言うのは,NEC企業ネットワークソリューション事業本部 技術主幹の松田次博氏である。

 同氏は,2009年7月24日にNECが開催したプライベート・セミナーで“革新する企業ネットワーク”をテーマに講演した。その中で,最近注目しているネットワーク・サービスとして,固定通信系ではKDDIの「Wide Area Virtual Switch」とNTTコミュニケーションズの「バーストイーサアクセス」,無線通信系では,携帯電話事業者各社が提供するワイヤレス・ブロードバンド・サービスを取り上げた。固定系の二つのサービスは,トラフィックが急増した場合には,契約帯域を超え,回線の物理速度の上限まで利用できるサービスである。

引用元:「“ネットワークの7月革命”で30~40%のコスト削減が可能に」,NECの松田氏が講演(IT Pro)



ふむふむ、これからは「Wide Area Virtual Switch」と「バーストイーサアクセス」ですか。確かに利用者視点で見ると面白そうなサービス。IP-VPNや広域LANの登場以来、今ひとつパッとしたサービスが出てこない感がありましたが、これが新たなトレンドになっていくかもしれませんね。

ところで、松田さんといえば私にとっては神的存在(と言っても実際顔を見たことさえありませんが)。古くから情報化研究会ホームページというサイトで「間違いだらけのネットワーク作り」という連載をしており、私もネットワーク管理者時代に毎回読んで参考にしてました。私が読み出した当時は丁度IP-VPNや広域LANのサービスが出だした頃。今でこそ広域LANは珍しくなくなりましたが、当時はIP-VPNの陰に隠れる存在。ネットワーク系の雑誌を見ていても、IP-VPNを紹介している記事の方が圧倒的に多かったと記憶しています。そんな中、上記サイトでは早くから広域LANのメリットに注目していたのが印象的でした。

なお、松田先生はIT Proにも連載を持っています。ネットワーク管理者の方はこちらも参考にしてみては如何でしょう。オススメです。

松田次博 間違いだらけのネットワーク作り(IT Pro)





以下余談。

そんな訳で私も広域LANに興味を持ち、実際に導入していました。ベンダー側の構築経験もほとんど無い中での導入でしたので多少びくびくしながらの導入でしたが、導入してから私が辞めるまでの4年間程の間、当該ネットワークのトラブルはほとんど発生せず、帯域確保と費用削減に大きく貢献してくれました。また、導入実績を積みたいということでキャリアやベンダー側が積極的に技術面&費用面でサポートしてくれたのも意外なメリットでした。多少問題があったとすれば、出来たばかりのサービスの為か回線借用がやたらと多かった事くらいです(これもキャリア分けで2回線引いていたのである程度回避出来た)。
と言うわけで、新サービスとなると尻込みをする事が多いと思いますが、これぞと思ったら積極的にチャレンジしてみては如何でしょう。勿論、事前に十分な検討が必要ですけどね。

なお、本記事は広域LANを推奨している訳ではありませんのであしからず。フィットするネットワークは会社によって千差万別ですので、自社の状況に合わせて判断下さい。  でも、これが難しいんだよな・・・・orz












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://netstaff.blog92.fc2.com/tb.php/148-c819c6bf

| ホーム |