ネットワーク管理者のお仕事(パート2) - ネットワーク管理者というお仕事

ネットワーク管理者というお仕事

元ネットワーク管理者のブログ。最初はネットワーク管理を中心に書いていましたが、最近はユーザ寄りのお話が多めです

Sponsored link 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
(前回の続き)

2.ネットワークの運用管理

 会社の規模や方針などにより、ネットワーク管理者が管理する範囲は大きく異なると思いますので、
 ここでは一般的なものを挙げます。

 1)構成管理

    ネットワーク構成や機器情報(機種、機器名称、IPアドレス、バージョン、管理者等)、
    設置場所、設定、利用者等の情報を管理します。
    具体的には構成変更や機器変更等の都度、ネットワーク構成図やドキュメントを更新し最新
    の情報に保ちます。
    設定などは変更の都度バックアップを取得します。
    その際、過去の設定も残します(障害時、以前の設定に戻せるように)

    また、電源や空調、ラック、管路等、設備面の管理も必要です。     
    
    この構成管理は非常に地味な作業ですが重要なお仕事です。
    これが有るのと無いのとでは障害時の復旧速度が大きく異なりますし、これがあれば
    例え担当者が不在の時でも対応が可能です。
    また、ネットワークの改変を行なう際にもこの情報が参考になります。
    
        
 2)性能管理

    各種ネットワーク機器(ルータ、SW、HUB,無線LANなど)やLANやWAN回線、
    各種ネットワーク系サーバ(DNS、mail、ファイアウォール、DHCP等)の性能
    やリソースの管理を行ないます。

    将来のネットワーク拡張計画はこのような日々の情報を元に検討していきます。

    ちなみに、大抵の場合はツールで常に状態を記録できるようにしますので、
    常に張り付いて見ている訳ではありません^^;


 3)障害管理
   
    障害の検出から対応、そして予防対策を行ないます。

    障害の検出は、監視システムによる検出の他、機器の吐くログの解析等により行ないます。
    機器の追加等を行なった際、監視項目と対応を決めるのも重要な仕事です。
    
 4)機密管理
  
    ネットワークへのアクセス権の管理やアクセスの制御、不正進入の検知や防止等を行
    ないます。
    また、特にセキュリティが重要な部分には脆弱性の調査や監査なども行ないます。

    その他、セキュリティ方針の策定や管理も行ないます。


 5)課金管理 

    ネットワーク利用者に対する課金の管理です。
    大手企業の場合、カンパニー制や事業部制等、部門毎に独立採算制を採っている事
    が多く、社内でも課金が行なわれる場合があります。
    請求データの管理など非常に大変な作業です。



以上、
論理的に区分けされている為、イメージが付きづらいかもしれませんが、これが一般的に言われているネットワークの運用管理業務です。

とりあえず、かなり大変だと言う事は分かっていただけたかと^^;

障害が発生していないと暇そうに見えるかもしれませんが、
こういう地道な作業をネットワーク管理者はしている(もしくは考えているw)のです。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://netstaff.blog92.fc2.com/tb.php/11-07a3ccb8

| ホーム |  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。