ネットワーク管理者のお仕事(パート1) - ネットワーク管理者というお仕事

ネットワーク管理者というお仕事

元ネットワーク管理者のブログ。最初はネットワーク管理を中心に書いていましたが、最近はユーザ寄りのお話が多めです

Sponsored link 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
さて、記事10個目にして本ブログのタイトルでもある「ネットワーク管理者というお仕事」の
業務範囲について書こうと思います。

羅列形式で紹介していきますが、ネットワーク管理者の業務範囲は非常に広範囲に渡るので
複数回に分けて紹介していきます。


1.ネットワーク管理体制及び運用ルール作り

  ネットワーク管理者といえば、技術的な事をまず思い浮かべるかもしれませんが、
  私はこの管理体制及び運用ルール作りがネットワーク管理者の最も重要な役割
  だと考えています。
  
  管理体制とはすなわち人のネットワークです。
  ネットワーク設計と同じ様に、個々の担当者の責任や役割、権限を明確にし、
  連絡体制を構築するのです。
  そうすれば運用ルール等を変更させる場合やトラブルが起きた場合の対応がスムーズになりま
  すし、人事異動などで担当者が不在となった場合の引継ぎなどもスムーズになります。

  ちなみに管理体制と運用ルールは対(ツイ)です。
  管理体制を作ったら管理体制維持の為に運用ルールに必ず盛り込むべきです。
  
  なお運用ルールはきちんと文章化し経営者の承認を受けましょう。
  
  これでネットワーク管理者の仕事の基盤が出来上がります。



(こういう文章は苦手なので・・・今日はここまで。次回に続く)

  

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.02.16 10:35 URL | - # [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007.02.16 21:21 URL | - # [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://netstaff.blog92.fc2.com/tb.php/10-f201bb44

| ホーム |  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。