2009年05月の記事 - ネットワーク管理者というお仕事

ネットワーク管理者というお仕事

元ネットワーク管理者のブログ。最初はネットワーク管理を中心に書いていましたが、最近はユーザ寄りのお話が多めです

Sponsored link 
幕張メッセで開催され「Interop Tokyo 2009 」の展示会事前受付が始まっています。事前登録を行うと展示会入場料3,000円(税込)が無料になりますし、事前に送られる入場バッジを付ければ入場もスムーズに行えます。入場バッジは5/28(つまり明日)までに事前登録した方限定との事ですので、事前登録される方はお早めに。事前登録は下記公式サイトから行うことが出来ます。

  Interop Tokyo 2009
  http://www.interop.jp/


写真は、数年前にInterropかNetworldで貰ったシスコさんのマグカップ。未だに愛用しています。
マグカップ

みんなも展示会に行って販促品を一杯集めよう!(冗談)


関連記事
JPCERT/CCから「JavaScript が埋め込まれる Web サイトの改ざんに関する注意喚起」出されています。このブログでも以前取り上げている内容ですが、再度ご確認を。

  JavaScript が埋め込まれる Web サイトの改ざんに関する注意喚起JPCERT/CC)

また、対処方法についてはJVNの方に詳しく掲載されています。

  Adobe Reader および Acrobat における脆弱性JVN

なお、2009/5/20現在のAcrobat Readerの最新バージョンは9.1.1です。Adobeの公式サイトには脆弱性が存在する9.1しか掲載されていませんが、9.1導入後、Acrobat Readerでアップデート確認をすれば9.1.1が見つかりますのでご確認を。


因みにJVN(Japan Vulnerability Notes)JPCERT/CCJPAが共同運営するサイト。セキュリティ関連情報をチェックするのに便利ですので、管理者の方はRSSリーダに入れるなどして常にチェックしてみては如何でしょう。

関連記事
一昨日発生した東京工業品取引所でネットワークトラブルの状況が書かれています。

 2009年5月12日午前10時30分ごろに発生した東京工業品取引所のシステムダウンは、待機系のルーターが過負荷状態に陥ったことが引き金だった(関連記事1、関連記事2、関連記事3)。待機系の異常が本番系に伝播してシステムダウンにつながった。東工取が5月13日に記者会見を開き、明らかにした。

 東工取は取引システムと取引参加者をつなぐネットワーク上に合計4台のルーターを設置している。2台が本番系で残る2台が待機系だ。本番系の2台は並行稼働しており、取引参加者との通信データを分散処理している。

 まず2台の待機系のうち1台の利用率が100%近くに達した。次に、この待機系と二重化構成を組む本番系の利用率が100%近くに上昇。2台の本番系のうち1台がダウンした。この結果、ダウンした本番系ルーターにつながる取引参加者が取引システムと通信できなくなった。ルーターの利用率は、通常状態では数%程度という。

引用元:東工取システムダウンの引き金は待機系ルーター(IT Pro)


なお、ネットワークはルータの再起動により復旧しているようですが、原因はシスコとNTTデータのエンジニアが調査中とのこと。厄介そうなトラブルですね。

因みに、もう彼是5,6年前の話ですが、私も似たような事を経験した事があります。ネットワーク導入後しばらくは問題なかったのですが、突然、本番系と待機系のが交互に切り替わる状況に。リブート後しばらくは安定したもののその後再発。苦肉の策として、ベンダー側の解析が終わるまでは待機系のL3SWの電源を切り運用していました。その時の原因はL3SWのOSのバグ。
今回の東京工業品取引所のトラブルも同じような匂いを感じるけどどうだろ?例えばSTP周りのバグとか。



関連記事
| ホーム |