2009年01月の記事 - ネットワーク管理者というお仕事

ネットワーク管理者というお仕事

元ネットワーク管理者のブログ。最初はネットワーク管理を中心に書いていましたが、最近はユーザ寄りのお話が多めです

Sponsored link 
今日、自宅のVistaマシーンにログインしようとしたところ、下記のメッセージが。。orz

User Profile Service サービスによるログオンの処理に失敗しました。
ユーザープロファイルを読み込めません。


アカウントを一つしか作っていなかったのでログイン出来ず。仕方ないので以下の方法で対処しました。ご参考にどうぞ。下記方法はwindows7にも対応しています

(下記方法はアカウントを一つしか作っていなかった場合の対処法です。他にアカウントを作っており、そちらでログインできる場合は、こちらを参照下さい。→破損したユーザー プロファイルを修復する

なお、作業は自己責任でお願い致します。
また、パソコンに詳しくない方は自分でやらず詳しい方や業者さんに頼みましょう。


 1. セーフモード+コマンドプロンプトでWindowsを起動

 2. Netコマンドでユーザアカウント(管理者権限)を作成。コマンドは下記のとおり。

    1)ユーザを作成
      C:\>net user hogehoge /add
  
    2)管理者権限を付与  
      C:\>net localgroup administrators hogehoge /add

    3)ユーザがきちんと作れているか確認。
      C:\>net user hogehoge

    ※hogehogeはユーザ名。作業用のユーザなので好きな名前でどうぞ。最終的に消します。
  
 3. 「Ctrl」+「Alt」+「Delete」で再起動

 4. 先程作ったユーザでログイン

 5. 下記サイトに書かれている方法で、新たにユーザを作成し、プロファイルをコピーする

    破損したユーザー プロファイルを修復する
    http://windowshelp.microsoft.com/Windows/ja-JP/help/769495bf-035c-4764-a538-c9b05c22001e1041.mspx

 6. コピーし終えたら、5.で新たに作ったユーザでログイン。

 7. 2.で作成したユーザを削除。


以上。
プロファイルのコピーは意外に時間が掛かりますので、時間の余裕を持って作業して下さい。私の場合、1時間ほど掛かりました^^;


2011/6/15追記
上記手順5のところは他にも方法があります(情報を提供してくださったKOBAさん、ありがとうございます)。
   http://support.microsoft.com/kb/947215/ja
に書かれている方法1がそれです。

  注)手順を見ても何をやっているか分からない方は決してやらないで下さい。


こちらの方法であれば、プロファイルをコピーしない分、時間は短縮できると思いますし、私が書いた方法で直らなかったケースでも直せる可能性もあると思います。ただし、レジストリを書き換える事になるため作業は十分注意ください。また、作業は自己責任でお願いします。これで直るとも限りません。


以上。



以下過去の更新履歴です。
--------------
2009/08/25追記
2の1)ユーザを作成の部分に誤りがありましたので修正しました。

 誤:C:\>net user hogehoge
 正:C:\>net user hogehoge /add

/addを書き漏らしていました。大変申し訳ございませんでした。


2009/12/12追記
「(下記方法はアカウントを一つしか作っていなかった場合・・・・プロファイルを修復する)」という部分を追記。

2010/8/25追記
「下記方法はwindows7にも対応しています」という部分を追記。


関連記事
大手通信機器メーカーのNortel Networksが米連邦破産法11条を申請したとの事。日本で言う民事再生法らしいけど、信用が大きく物を言う業界だからノーテルとしての再生は厳しいかもね。

 カナダのNortel Networksは現地時間2009年1月14日,米連邦破産法11条(チャプター11:日本の民事再生法に相当)の適用をデラウェア州の破産裁判所へ申請したことを明らかにした。日常業務は中断することなく,従来通り継続するという。

 また同日中に,オンタリオ州上級裁判所にカナダの企業債権者調整法(CCAA)に基づく保護を申請する。EMEA(欧州/中東/アフリカ)事業に関しても,欧州で同様の手続きをとる予定。

 韓国LG Electronicsとの合弁会社LG Nortelを含むアジアの関連企業や,カリブ海および中南米の関連企業は対象に含まれない。


引用元:Nortelが破綻,連邦破産法11条の適用を申請(IT Pro)



日本での影響は不明。
ただ、すぐに事業を停止する訳ではないようなので、ノーテルのSWを中心にネットワークを構築していない限り影響は軽微かな。通信事業者位の規模になると分からんけど。


関連記事
フィンランドのF-Secure社が新種ワーム「Downadup」(別名「Conficker」、「DOWNAD」)に注意するよう警告を出しているようです。皆さんご注意を。

エフセキュアは1月8日、「Downadup」と呼ばれる新しいワームについて警告した。「Confiker」とも呼ばれるこのワームは、Windows ベースのPCやサーバに感染するとさまざまな問題を引き起こす。年明け以降、同社にはこのワームの感染ケースがいくつも報告されているという。


 ~企業内で感染を広げる新種ワーム「Downadup」に注意(CNET Japan)


なお、マイクロソフト社が公開している「悪意のあるソフトウェアの削除ツール(MSRT)」の最新版が昨日14日に公開され、「Conficker」の検出と削除にも対応したとの事です。併せてこちらもご確認を。

  悪意のあるソフトウェアの削除ツール
  http://www.microsoft.com/japan/security/malwareremove/default.mspx

以上。

関連記事
| ホーム |