2007年04月の記事 - ネットワーク管理者というお仕事
FC2ブログ

記事一覧

[機器紹介]DNS/DHCPアプライアンスサーバ:Infoblox DNSone

今日はちょっと気に入っている製品の紹介。(ちなみにアフィリエイトでも宣伝でも無いのであしからず^^;) DNS/DHCPアプライアンスサーバ:Infoblox DNSone国内ではテリロジー社が販売している製品です。この製品、DNSとDHCPに特化した機器だけあって、信頼性が高く且つ管理が容易なのが特徴。また、価格の割りに性能が高く管理できるノード数も非常に多いので、規模が比較的大きいネットワークに適しています。ちなみに、この...

続きを読む

Auto-Negotiation(オートネゴシエーション)の問題 ~対策編

前回の続きです。読んでいない方はまずこちらをどうぞ。  前回の記事→Auto-Negotiation (オートネゴシエーション) の問題Auto-Negotiationの問題を回避する方法として一般的なのは、Auto-Negotiationと固定設定(=AutoNegotiationは使わない)のどちらかに設定を全て統一する、という方法です。当たり前ですが、これでAuto-Negoと固定設定というミスマッチは無くなります。しかし、Auto-Negotiationに設定を統一する場合は、Aut...

続きを読む

Auto-Negotiation (オートネゴシエーション) の問題

ネットワーク機器の便利な機能に"Auto-Negotiation(オートネゴシエーション)機能"があります。Auto-Negotiationは、接続した機器(ポート)間で通信速度と通信モード(半2重/全2重)を折衝し、最適なものに自動設定してくれる仕組み。Auto-Negotiationを設定しておけば、いちいち相手の機器のポートスピードを調べて設定する必要がなくなるので、非常に良く使われている設定の一つなのですが・・・実は、このAuto-Negotiation...

続きを読む

ネットワーク管理者の苦悩 ~自社管理か、アウトソーシングか(パート2)

(前回の続き)さて肝心の「ネットワークは自社で管理していくべきか、アウトソーシングするべきか」 という課題への回答ですが、この答えは会社の規模や体制、事業戦略などにより異なるものですので、ここでは書きません。各々のネットワーク管理者が考えるべき課題です。なお、ネットワーク管理者の方でこの課題について考えた事がなければ、検討してみる事をお勧めします。もし部下がいれば、この課題を出してみると良いでしょ...

続きを読む

ネットワーク管理者の苦悩 ~自社管理か、アウトソーシングか

「ネットワークは自社で管理していくべきか、アウトソーシングするべきか」私がネットワーク管理の仕事を始め3年程が過ぎ、ネットワーク設計を任されるようになった頃、私は上司にいきなり部屋に呼ばれこの課題を突きつけられました。当時私が所属していたネットワーク管理のチームは派遣も含め十数名程の大所帯。積極的に新たなネットワークやWebサービスなどを立ち上げ拡大路線を走っていました。しかしこの課題を突きつけら...

続きを読む

カマチのネットワーク講座(パート5)

前回に引き続き設備関連の用語を少し。 天コロ  天井裏に配線を引き回す方式  天井裏にただ転がすのでこういう風に呼ぶようになったものと思われ。  (一部業者にしか通じないかも)養生   工事や機器搬入等の際、壁や柱、床などをシートや毛布などで覆い保護すること。  事前に指示しないと養生をしてくれない業者も多いので要注意。MDF  ビルや集合住宅などに引き込まれた電話線の束は一旦MDFと呼ばれる  中...

続きを読む

カマチのネットワーク講座(パート4)

今回は設備関連の用語を少し。ちなみに設備や工事のおっちゃん達との会話で覚えて言った言葉なので、スラングも含まれて居ます。共同溝  電気やガス、電話、ネットワークケーブル等を通す目的で作られた地中のトンネル。  敷地が広い会社だと会社内にもある。  これがあるとケーブル布設の度に地面を掘り返す必要が無くなる。架空線  電柱や建物間に張られたケーブル。  工場など大型の車が通る場所では高さ制限などで使...

続きを読む

ネットワーク管理者が知っていなければならないこと

ネットワーク管理者というと机の前に座っていてパソコンをいじっているというイメージがあるかもしれませんが、大きい会社になると意外に多いのがネットワーク工事。LANの配線から、ラック設置工事、光ケーブルの引き込みや管路工事、無停電電源の設置等(案外ガテン系^^;)  その為、設備関連の知識や用語もある程度覚えておく必要があります。例えば業者とのやりとりで良く使ったのが、共同溝、架空線、管路、縦管、シャ...

続きを読む

ネットワーク管理者が所属する部署(パート2)

前回の続きです。総務や設備でネットワーク管理を行なう一番のメリットは、効果的なオフィス作りが出来る点です。一方で、ネットワーク管理者がネットワーク環境を考える上で一番考えなければいけないのは「どうしたら働きやすい環境を提供できるか?」という点です。昔はLANのポートの配置を工夫したりDHCPを導入したり、といった工夫しか出来ませんでしたが、ここ最近では無線LANやIP電話等の登場により選択肢が大き...

続きを読む

サイト内検索 by google

カスタム検索

当ブログについて

プロフィール及び、当サイトのンテンツ利用に関する注意点(リンク、引用など)やプライバシーポリシーはこちらに書いております →はじめに&当サイトのコンテンツ利用及びプライバシーポリシーについて(2018/5/28改定)

NW以外の話題はこちらのブログで書いています。
・おすすめショップ・おすすめサイト情報局
・カマチの投資あれこれ

月別アーカイブ